2009年10月30日金曜日

Google App Engine (GAE)

私が、Pythonの勉強を始めた理由は、GoogleAppEngineを使いたかったからだ。

最近では、Javaのサポートも加わっているが、Googleが初期段階からPythonに対応しているということには、それなりの理由があると考え、Pythonの勉強を始めた。

GoogleAppEngineを実際に使えるようになるまでに、1点はまったので、その点を含めて利用開始までの手順を解説する。

1. アカウントを取得する


http://code.google.com/intl/ja/appengine/にサインインする。G-mailのアカウントでよい。

「AppEngineのアカウントにログインする」をクリック。

もう一度ログイン認証画面がでる。

すると、

Welcome to Google App Engine

Before getting started, you want to learn more about developing and deploying applications.
Learn more about Google App Engine by reading the Getting Started Guide, the FAQ, or the Developer's Guide.

[Create Application]

と表示される。

[Create Application]ボタンをクリックすると、

Verify Your Account by SMS

To create applications with Google App Engine, you need a verification code. Select the country and carrier for your mobile phone and enter your mobile phone number. The verification code will be sent to it via SMS. Note you will only need to verify your account once.

と表示される。

ここの、Country and Carrier: (国とキャリアの選択)で、日本を選んでハマりました。

iPhoneしか持っておらず、メールアドレスの設定もしてなかったので、日本を選ぶとこの先に勧めません。

日本の携帯電話のE-mailアドレスを持っていない場合は、Otherを選び、下に表示されるフィールドに携帯電話の番号を入れましょう。

こうすれば、SMSでパスワードが送信されてきます。

受け取ったパスワードで認証を通せば、アプリケーションを作れるようになります。


2. ツールをインストールする

GoogleAppEngine_1.2.7.msi

インストールし、Google App Engine Launcherを起動。

新しいアプリケーションを作成。
File ⇒ Create New Application

これだけで、ひな形が一式生成されます。

yamlファイル(デプロイに関する記述)
application: study-python
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
- url: .*
script: main.py

以下のアドレスから、私が試しに作成・デプロイしたアプリケーションを確認できます。

http://study-python.appspot.com/

シンプルな数当てゲームです。
O'REILLY著 の Using Google App Engineに出ているサンプルを日本語化し、毎回数字が変わるように改良しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿